【デーブ・スペクター】「僕は英検3級だ」

【デーブ・スペクター】「僕は英検3級だ」

シカゴ出身で日本を拠点に活動する米国人テレビプロデューサー、放送作家、著作家、コメンテーター、タレント。

 

1954年生まれ

 

妻はエッセイスト・コラムニストの京子・スペクター。

 

幼い頃はアメリカでCMなどに出演する人気子役だった。

 

小学5年生の頃、日本から転校してきた日本人のワタル君がきっかけで
日本に対し強い興味を持つようになり、毎日10個の日本語単語を覚えた。

 

ワタル君が持っていた週刊少年サンデーや週刊少年マガジンなどに興味を持ち、
週1回、1時間の日本語授業を地元の日本人学校で受け、日本語を学んだ。

 

ワタル君とは現在も親交が続いている。

 

 

日本語と英語が流暢に話せる。

 

 

1972年、上智大学に留学
学業の合間を縫って、天地真理などのアイドルの追っかけに熱中していた。

 

1975年、シカゴ放送学校を卒業。
テレビ番組プロデューサー兼番組の日本特派員役として再来日

 

コメンテーターとして専門用語を理解し使いこなすため、
現在でも日本語の単語を1日に3から5つ覚えることを日課とし欠かしたことがない。

 

 

「ダジャレを発するアメリカ人」として有名だが、芸能界では「ふざけたことばかり言っているが本当はものすごく頭の良い、しっかりした人」と言われている。

 

 

外国人タレントとしてのイメージを強調するため、髪は金髪に染め、目にはブルーコンタクトレンズを入れている。

 

 

ジョークで「僕は英検3級だ」と言っているが、実際には英検1級を取得しているらしい。

 

 

関西のローカル番組に出演していた弁護士の橋本徹さん(現大阪市長 2013年5月)を
「面白い弁護士がいる」と東京の放送局に紹介した。
橋本さんはこれをきっかけに全国放送で人気弁護士タレントとなった。
現在も友人関係は続いている。

 

 

 

【エピソード】
歌手の坂本九の葬儀を知ったデーブが、
葬儀委員長を務めていた永六輔に
「Do not stand at my grave and weep」という詩を翻訳して送り、
朗読を依頼したことがある。
永六輔は葬儀(1985年)で実際に朗読した。

 

この詩は、2001年に作詞家、作曲家である新井満氏が翻訳し曲を付け、
2006年に秋川雅史によるバージョンが発表された「千の風になって」と同じもの。

 

バラエティ番組などの本番収録前の楽屋では、かなり面白い。
(パックンマンクンのパックン談)

 

 

 

【デーブ・スペクター】「僕は英検3級だ」関連ページ

【赤西仁】「語学留学もしたが、英語習得は独学によるところが大きい」「世界で最もハンサムな顔100人」の34位
「語学留学もしたが、英語習得は独学によるところが大きい」とコメントしている赤西仁(あかにしじん)さんと言語(日本語・英語)について。
【いっこく堂】英語や中国語など6ヶ国語以上でネタを披露する
野球部員全員からイジメられ、無視されたことがきっかけで腹話術に興味を持った。たくさんの個性的な腹話術人形を操り、ネタは英語や中国語など6ヶ国語以上で披露するいっこく堂(いっこくどう)さんと言語(日本語・英語 ネタは中国語などを含め6ヶ国語以上)について。
【イ・ソジン】ニューヨーク大学経営学科卒業。英語が流暢に話せる
日本のファンから大量のうがい薬が送られるという、韓国の俳優イ・ソジン(い・そじん)さんと言語(韓国語・英語・日本語)について。
【オダギリジョー】英語が流暢に話せる。妻は女優の香椎由宇。ドラマ「仮面ライダークウガ」の主役に抜擢され注目。髪型やファッションが話題に。
妻は女優の香椎由宇。ドラマ「仮面ライダークウガ」の主役に抜擢され注目。髪型やファッションが話題に。英語がしゃべれる俳優のオダギリジョー(おだぎりじょー)さんと言語(日本語・英語)について。
【オスマン・サンコン】英語やフランス語など6ヵ国語も話せる
「笑っていいとも」への出演をきっかけにタレント活動を開始し人気タレントとなったオスマン・サンコン(おすまん・さんこん)さんと言語(フランス語・スースー語・日本語・英語・スペイン語・イタリア語)について。
【金城武】日本語、北京語、広東語、台湾語、英語が流暢に話せる
台北の日本人学校ではイジメられていたらしいが卒業ごはアメリカンスクールに通った俳優の金城武(かねしろたけし)さんと言語(日本語・北京語・広東語・台湾語・英語)について。
【栗原類】過去にベッキーに「2016年に『本当に結婚したい』と決断します」とタロット占いで宣言!英語が流暢に話せるバイリンガル
英国人の父と日本人の母を持つハーフ。ネガティブモデルと呼ばれることが多い。中学時代のイジメを克服してモデル・タレントとして活躍中の栗原類(くりはらるい)さんと言語(日本語・英語)について。
【劇団ひとり】幼少期はアラスカ在住だった帰国子女。英語が話せる。「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」で声優を担当
幼少期はアラスカ在住だったので英語が話せる。ジャパンバッシングの時期に通ったアンカレッジの小学校でイジメを経験している。芸人・俳優・映画監督・作家の劇団ひとり(げきだんひとり)さんと言語(日本語・英語)について。
【セイン・カミュ】日本語・英語ほか数ヶ国語を流暢に話せる
地球の環境問題や食育などにも広く関心を持つ、タレントのセイン・カミュ(せいん・かみゅ)さんと言語(英語・日本語・その他数ヶ国語)について。
【高倉健】英語が流暢。高校時代にESS部を創設した
英会話力が高く東京アメリカンクラブのメンバー。小学校では女子にも泣かされるほどのイジメられっ子だった高倉健さんと英語について。
【武井壮】英語ペラペラ!さかいゆうの「SO RUN」は彼の曲
ゴルフ留学などでアメリカに合計4年ほど住んでいたこともあり英語が話せるうえ、社会科と商業科の教員免許を持つ武井壮(たけいそう)さんと言語(日本語・英語)について。
【デーモン閣下(小暮)】幼少期は米国で生活。英語が話せる
世を忍ぶ仮の幼少時代はアメリカで生活し英語が話せる。NHK大相撲中継にもゲスト出演するアーティスト。実年齢は10万歳を超えているデーモン小暮閣下(でーもんこぐれかっか)と言語(英語・日本語)について。
【長井秀和】英語力が高く英検準一級取得。週6回ペースで英語講師とクレーン会社で警備員のバイト
現在は週6回のペースで一般企業の英語講師の仕事が入ることもあるという、お笑い芸人・漫談家・英語講師の長井秀和(ながいひでかず)さんと言語(英語・日本語)について。
【中野裕太】日本語・英語・フランス語・スペイン語・イタリア語が話せる
タレントの中野裕太(なかのゆうた)さんと言語(日本語・英語・フランス語・スペイン語・イタリア語)について。
【なかやまきんに君】米国に筋肉留学したので英語が話せる
お笑い芸人のなかやまきんに君(なかやまきんにくん)さんと言語(日本語・英語)について。
【ピーター・フランクル】英語ほか全11ヶ国語を完ぺきに話す
数学者のピーター・フランクル(ぴーたー・ふらんくる)さんと言語(ハンガリー語・独語・露語・スウェーデン語・仏語・スペイン語・ポーランド語・英語・日本語・中国語・韓国語・インドネシア語・チェコ語)について。
【布袋寅泰】現在はロンドン在住で英語が話せる。4月7日に国立代々木第1体育館でソロ初ライブを再現する公演
4月7日に国立代々木第1体育館でソロ初ライブを再現する公演を行う元BOOWYのミュージシャン・ギタリスト布袋寅泰(ほていともやす)さんと言語(日本語・英語)について。
【ボビー・オロゴン】英語、ヨルバ語、日本語が話せるトリリンガル
4人の子供を持つ日本国籍の近田ボビーさん。数多くのテレビ番組に出演中。タレント・格闘家・俳優・映画監督・トレーダーのボビー・オロゴン(ぼびー・おろごん)さんと言語(英語・ヨルバ語・日本語)について。
【マーク・パンサー】3人組の新ユニット「EDO」(イー・ディー・オー)を結成
小学校に通っていた時、「金髪」「外人」「人形」とイジメを受けていた。音楽ユニットglobeのメンバーでありモデル、ミュージシャン、作詞家のマーク・パンサー(まーく・ぱんさー)さんと言語(日本語・フランス語・英語)について。
【前田健】英語が流暢に話せた。2016年4月26日、搬送先の病院で死去。死因は虚血性心不全
松浦亜弥さんのものまねなどでおなじみのタレントの前田健(まえだけん)さんと言語(日本語・英語)について。
【水嶋ヒロ】英語が流暢に話せる。幼少期をスイスで過ごした帰国子女
幼少期に過ごしたスイスのチューリヒでは日本人というだけで差別やイジメをうけていたという、俳優・小説家・雑誌編集長の水嶋ヒロ(みずしまひろ)さんと言語(日本語・英語)について。
【渡部陽一】取材はほとんど英語。アラビア語も話せるトリリンガル
イスラム圏で取材を行うため現地の慣習に合わせてヒゲを生やしている。しゃべり方に特徴があり、よくモノマネされる戦場カメラマン・フォトジャーナリスト・タレントの渡辺陽一(わたなべよういち)さんと言語(日本語・英語・アラビア語)について。
【GACKT(ガクト)】英語、中国語、韓国語、フランス語を話す
オフィシャルウェブサイト内の「TO ALL THE PEOPLE すべての人たちへ」では9ヶ国語でメッセージが記載されているミュージシャン・俳優・語学のスペシャリストのGACKT(ガクト がくと)さんと言語(日本語・中国語・韓国語・英語・フランス語)について。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと