歴代総理の英語力

総理の英語 インデックス

歴代総理の英語力記事一覧

【伊藤博文】英語力が高かったことと女好きで有名

初代内閣総理大臣。天保12年9月2日〜明治42年10月26日(1841年10月16日〜1909年10月26日)1963年〜1986年まで発行されていたお札(1000円)の表面の肖像画と透かしになっている。1841年、百姓の長男として現在の山口県光市束荷字野尻に生まれる。1863年、イギリスに渡航。持...

≫続きを読む

【宮澤喜一】政界随一と謳われたほどの英語力は独学で身につけた

第78代内閣総理大臣。1919年〜2007年「政界随一」と謳われたほどの英語力の持ち主。一貫して親米派・日米同盟論者だった。ラジオパーソナリティやテレビタレントとして活躍中のラフルアー宮澤エマさんは、長女の啓子さんとアメリカ人の夫との間に生まれた孫娘。1919年(大正8年)、東京市に生まれる 本籍地...

≫続きを読む

【森喜朗】失言が多く、英語での失敗談も有名

第85・86代内閣総理大臣。1937年(昭和12年)7月14日生まれ英語での失敗談の記事:クリントン大統領との会話潔癖症で愛妻家。好きな食べ物はしらす、アジの開きマスコミに多くの問題発言を取り上げられている。例)「大阪人は金儲けばかり」「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを...

≫続きを読む

【小泉純一郎】生きた英語が使える政治家と評される

第87・88・89代内閣総理大臣。1942年生まれ「英語力は高くないがツボを押さえていた。生きた英語が使える政治家」と評される。長男の小泉孝太郎(1978〜)は俳優、タレントで、映画、ドラマなど出演作多数。(2013年NHK大河ドラマ第52作「八重の桜」、踊る大捜査線シリーズ 「THE FINAL ...

≫続きを読む

【安倍晋三】1978年、南カリフォルニア大学入学。翌年中退

第90・96・97代内閣総理大臣。1954年9月21日生まれかなり英語力が高い。1977年春、渡米しカリフォルニア州ヘイワードの英語学校に入学したが日本人だらけだったため通学を止める。その後、イタリア系アメリカ人の家に下宿しながらロングビーチの語学学校に通学。1978年、南カリフォルニア大学入学。翌...

≫続きを読む


一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと