ボケ防止のために英語の勉強を始める高齢者が増えています

ボケ防止で英語の勉強を始める高齢者の残酷な明暗

 

 

最高の英語教材 世界の七田式2017年新メソッドが激安!しかも豪華特典付き!

 

以前、英語を話すことが頭の体操になってボケ防止に効果的だとテレビで紹介されました。

 

その影響で英語を勉強する高齢者が増えています。

 

そしてなんと、ボケ防止で始めたのに英会話を習得してしまうご老人も出てきました。

 

実は今、英語を話せる高齢者が急速に増えています。

 

高齢者の英語教材

 

しかし、効果的な勉強法がわからず、費用を浪費したうえ挫折する人が多いのも事実。

 

ボケ防止として始めた英語の勉強に関して、

 

「英会話を習得した上、認知症とは無縁の充実した人生を楽しんでいる人たち」と、

 

「お金と時間を失い、ボケ防止効果も感じられず、

 

期待した英会話習得も完全にあきらめて老後を迎える人たち」

 

の二極化が進んでいるようです。

 

残念ながらボケ防止も英語もあきらめて老後を迎える人たちの方が圧倒的多数です。

 

高齢者の英語教材

日常生活に支障をきたす認知症高齢者の数と比率

現在、日本の人口の4分の1以上が65歳以上の高齢者です。

 

80才以上が1000万人台(約8%)、

 

2016年9月13日時点で100歳以上が6万5692人ご健在です。

 

高齢者の人数と人口に占める割合は今も増加しています。

 

【参考 100歳以上の日本人】
1964年 191人
以下、突破した数
1974年 500人
1981年 1000人
1998年 10000人
2005年 25000人
2012年 50000人
2015年 60000人
2016年9月 65692人

 

※年間3000人以上のペースで100歳以上の人口が増え続けている。

 

厚生労働省は2010年の日常生活に支障をきたす認知症高齢者が280万人に上り、

 

65歳以上の人口に対する比率が9.5%であったと公表しています。また、

 

2015年に345万人(10.2%)、

 

2020年に410万人(11.3%)、

 

2025年に470万人(12.8%)

 

にも上る見込みであることも発表しています。

 

 

 

 

現在、介護のため仕事を辞めざるを得ない介護離職者が年間10万人おり、年々増えています。

 

その多くが働き盛りで収入も多い40代〜50代の管理職や中堅クラスが多く、

 

社会にとっても家計にとっても大きな損失となっています。

英語の勉強がボケ防止に効果的なワケ

なぜ、英語がボケ防止に効果的なのでしょう?

 

それは、英語を話すことで脳に良い刺激を与えるからです。

 

これは、ストレッチをやるのと似ています。

 

これまで使っていなかった筋肉を使うことで、

 

身体に良い刺激を与え、血行が促進されるのと同じです。

 

日本語しか使わなかった人が英語を聞いて話すことで、

 

これまで使っていなかった脳の部位に血流が促されます。

 

そして、英語を話すために自然と考えるようにもなります。

 

結果、良い頭の体操となりボケ防止になっているのです。

ボケ防止に役立つ英語学習

英語を聞いて話すことがボケ防止に効果的だということがわかっても、

 

学校で習った英語などすっかり忘れてしまい、

 

いまさら勉強を始めるには敷居が高すぎると感じるている人も多いようです。

 

でも安心してください!

 

若い人にも高齢者にも、全ての世代に人気がある、

 

とても素晴らしい英会話教材を紹介します。

 

 

 

 

この教材は英文法の知識が必要ありません。

 

読み書きもやりません。暗記も必要ありません。

 

中学レベルの英語ができなくても大丈夫。誰でもすぐに始められます。

 

しかも、58歳のユーザーが「記憶力も向上した」と言っています。

 

 

 

 

ボケ防止に高い効果が期待できる英語学習を今すぐ始めましょう!

 

【ボケ防止に英会話!超カンタンな英語教材】
高齢者の英語教材の詳細

 

 

 

←前    次→

高齢者も独学で英語習得!医者おすすめボケ防止英会話勉強法関連ページ

英会話習得の近道はネイティブがよく使うフレーズをそのままマネすること
日本は「6年間英語を勉強しても英語で話せない国」として、もはや世界中で有名です。世界中どこでも6年もかけずに英語ができるようになっています。日本人が英語が出来ないのは「その6年間でやっている内容が悪いから」であり、6年間という年数が少ないからではありません。
英会話習得には脳に英語の言語野を形成することが必要で最重要
英語処理をする領域が脳の中に無いから英語が出来ない。英語処理をする領域が脳の中にあれば英語が出来る。脳の構造と機能を知っておくと英会話習得に必要なことがわかってくる。英語の言語野をつくるということは、英会話を学び始める最初の段階で知っておくべきことです。
道端ジェシカさんは独学で英語を習得した。勉強法はシャドーイング
モデルの道端ジェシカさんは、お気に入りの洋画を見ながらシャドーイングする独学で英語を習得しました。最初のうちは非常に難しいと感じる勉強法ですが、続けていればすぐにできるようになり、飛躍的に英会話力が上達します。
英会話でコミュニケーションが取れると人生もビジネスも生活も面白い
英会話を習得すると、「世界には自分の知らない事がたくさんある。面白い!」と心から思えるようになります。
英単語を一つずつ覚えるのはムダ!フレーズでなければ!
英会話の効果的な学習法として「フレーズごと覚える」という常識があります。英単語を一つずつ覚えるのは時間の無駄。英会話するときに使い方、単語の順、つなげ方がわからないからです。効果的に学びましょう。
英会話に文法用語は必要ない!時間のムダ!意味がない!
英会話ができるようになるために文法用語は必要ありません。文法用語など覚えるのは時間の無駄です。英語でも日本語でも文法を意識して会話をしている人なんていません。
楽しい英会話の勉強法!洋画や海外ドラマでリスニング上達!
洋画のセリフを聞き取る英語の勉強法はリスニングが上達するのでおすすめです。見ながらシャドーイングを取り入れるとスピーキングも上達します。英会話は楽しみながら身につけるものです。
英会話を本気で習得したい人は、この方法でトレーニングしろ!
頭の中にある英語の知識を使いこなす学習が効率の良い英会話習習得法です。受験英語で出てくる難しい言い回しや英単語は日常会話ではあまり必要ではありません。ネイティブは意外と簡単な英単語を使って会話しています。
海外ドラマや洋画で英会話習得!セリフは最高のお手本
海外ドラマの英語のセリフを聞き取ることでリスニングを上達させている人がたくさんいます。コツは書いて覚えるのではなく、聞こえたとおりに丸ごと覚えることです。英語の勉強が楽しければ続けられます。
英会話習得の法則。○○できれば必ず聞き取れる
自分自身でしゃべることができる英語は、他人が話した時もしっかりと聞き取ることができます。いわば法則のようなものです。スピーキング練習をするとリスニングも自動的に上達していきます。
忙しい社会人の英会話勉強法は、現実的にこれしかない!
隙間時間は英語学習の時間に最適です。社会人は効率の良い勉強法を選ばなければいけません。勉強ができない人というのは隙間時間を有効に活用できない人のこと。英会話は忙しい人ほど早く習得してしまうものです。
老後の英語は頭の体操!年配者にぴったりの英会話勉強法
今、日本では英語を勉強する年配者の方が急増しています。英語を話す練習が頭の体操になって、認知症予防にも効果的だと言う研究結果もあるのです!
目から鱗!英会話は面接の練習と同じようにすれば習得できる!
英会話は面接の練習と同じ様に、どんな質問が来るのかを考えて短く的確に答える練習をすると上達します。学習のコツさえつかめば独学で英会話を習得することは簡単です。
英会話はスポーツや楽器と同じ。練習で上達する。勉強ではない
英会話は練習するものです。習い事やトレーニングのようなものなので、机に向かっていなければいけない勉強とは違います。
シャドーイングの効果的なやり方。リスニングも上達する英語学習方法
効果的な英語の学習方法であるシャドーイングのやり方です。シャドーイングができるようになると、スピーキングが上達するだけでなくリスニング力も向上します。
英会話が長く話せるようになる秘密は○○を使いこなすこと
英語で長く話せない人は英単語の数を増やしたり英文法を勉強するのではなく接続しの使い方を勉強するべきです。いくつかの接続詞を使いこなせるようになるだけで劇的に長く話せるようになります。
うまく英会話できなくても独学で克服!引きこもりでも上達する方法
最初は「英語が周りの人たちよりうまく話せないから恥ずかしい」と思うのは当然。ムリする必要はありません。少しずつ上達すればいいんです。
無料で英会話習得したいなら音読!大声で教科書を読め!
英語は音読すると効果的です。お金をかけずに英会話を習得したいなら、声を出して教科書を読むことをおすすめします。できるだけ大きな声で読むのがポイントです。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと