英単語を一つずつ覚えるのはムダ!フレーズでなければ!

英単語を一つずつ覚えるのはムダ!フレーズでなければ!

英語はフレーズごと覚えましょう。

 

そして更に進化させていくと次々と表現力がついていきます。

 

 

 

効果的な勉強法に「短い英文を丸ごと覚える」というものがあります。

 

英単語を一つずつ覚えるのは時間の無駄。

 

外国の方と話すときに言葉の使い方、単語の順、つなげ方がわからないからです。

 

だからフレーズで覚えていく方がはるかに効果的なのは明白です。

 

 

 

単語をバラバラに一つずつ覚えると、いざ話そうという時に、

 

単語と単語をどうやってつなげれば良いのかと考えてしまい、

 

なかなか言葉が出てこなくなってしまいます。

 

「あー、あー」という、聞き苦しい音が入ってしまいますね。

 

 

 

そこで、

 

・He came here.

 

・That's it!

 

・What's in it for me?

 

 

などの様に英文をまるごと覚えると、

 

話そうとする時に口からスムーズに言葉が出てくる様になります。

 

 

 

ただ、それよりも良い方法があります。

 

 

 

それは、覚えた英文の一部を変化させて、

 

少しづつ進化させて覚える練習をするのです。

 

 

 

たとえば下記の様に最初に簡単な英文を覚えて

 

そこから少しずつ徐々に進化させる練習をするのです。

 

 

 

He came here.
(彼はここに来た。)

 

He came here at 9:30am.
(彼は9時半にここに来た。)

 

He came here to eat lunch.
(彼は昼食を食べにここに来た。)

 

He came heere to eat lunch with his girlfriend.
(彼は彼女と一緒に昼食を食べにここに来た。)

 

 

 

このようにして、少しずつ変化・進化させて覚えるということをすると、

 

色々な言い方が自然と身についていき、

 

とっさに質問をされてもパッと答えられる様になっていくのです。

 

 

 

そのような理由がありますので、

 

丸ごと覚えた短い英文を少しずつ変化させる覚え方が

 

英会話習得に非常に有効です。

 

 

 

←前    次→

英語脳の作り方。聞き取った語順で意味がわかるようにするための方法

 

 

 

重要なのは、ただ闇雲にはじめるのではなくて、まずはゴールをどこにするか、です。

 

 

 

 

ゴール無くしてスタートするのは遠回りになりますし、挫折の原因になります。

 

目指すゴールは、英語脳を作り上げることです。

 

 

 

 

具体的に言うと、次の4点です。

 

1・発音が正しくできるようになること。

 

自分の発音が上達すると、ネイティブが発音する英単語も聞き取れるようになります。

 

 

 

2・ネイティブがよく使う英単語の意味が瞬時に頭に浮かぶようにすること。

 

必須英単語の全ての意味がパッと頭に浮かぶようにすること。

 

 

 

3・聞き取った語順で意味がわかるようにすること。

 

この時の速度は毎分200単語、毎秒3.3単語です。

 

 

 

4・どのような英文をネイティブにしゃべられても意味がわかり、自分自身も毎分200単語の速さでしゃべること。

 

 

 

 

理想的な勉強法は、

 

このゴールから逆算して段階を踏むことです。

 

そうすれば誰でもゴールにたどり着くことができます。

 

 

 

闇雲にネイティブの会話を聞き流したり、

 

参考書を読み漁ったりするような遠回り学習など、一切必要が無いんです。

 

意味のあることだけをやりましょう。

 

 

 

英語脳の作り方で最も有効なのは、

 

ネイティブの音声を聞いて、マネして自分でも声に出して言ってみることです。

 

これを回数多く続けていくと、だんだん慣れてきます。

 

意味も頻出単語も自然と身についてくるので、

 

加速度的に聞く量を声に出す量が増えていきます。

 

結果が出ることをやりましょう。

 

 

 

←前    次→

英単語を一つずつ覚えるのはムダ!フレーズでなければ!関連ページ

英会話習得の近道はネイティブがよく使うフレーズをそのままマネすること
日本は「6年間英語を勉強しても英語で話せない国」として、もはや世界中で有名です。世界中どこでも6年もかけずに英語ができるようになっています。日本人が英語が出来ないのは「その6年間でやっている内容が悪いから」であり、6年間という年数が少ないからではありません。
高齢者も独学で英語習得!医者おすすめボケ防止英会話勉強法
ボケ防止に英語を勉強する高齢者が急増しています。認知症予防として始めた独学で英会話を習得してしまう人もたくさんいます。実は今、日本では英語を話せる高齢者が急速に増えているのです。
英会話習得には脳に英語の言語野を形成することが必要で最重要
英語処理をする領域が脳の中に無いから英語が出来ない。英語処理をする領域が脳の中にあれば英語が出来る。脳の構造と機能を知っておくと英会話習得に必要なことがわかってくる。英語の言語野をつくるということは、英会話を学び始める最初の段階で知っておくべきことです。
道端ジェシカさんは独学で英語を習得した。勉強法はシャドーイング
モデルの道端ジェシカさんは、お気に入りの洋画を見ながらシャドーイングする独学で英語を習得しました。最初のうちは非常に難しいと感じる勉強法ですが、続けていればすぐにできるようになり、飛躍的に英会話力が上達します。
英会話でコミュニケーションが取れると人生もビジネスも生活も面白い
英会話を習得すると、「世界には自分の知らない事がたくさんある。面白い!」と心から思えるようになります。
英会話に文法用語は必要ない!時間のムダ!意味がない!
英会話ができるようになるために文法用語は必要ありません。文法用語など覚えるのは時間の無駄です。英語でも日本語でも文法を意識して会話をしている人なんていません。
楽しい英会話の勉強法!洋画や海外ドラマでリスニング上達!
洋画のセリフを聞き取る英語の勉強法はリスニングが上達するのでおすすめです。見ながらシャドーイングを取り入れるとスピーキングも上達します。英会話は楽しみながら身につけるものです。
英会話を本気で習得したい人は、この方法でトレーニングしろ!
頭の中にある英語の知識を使いこなす学習が効率の良い英会話習習得法です。受験英語で出てくる難しい言い回しや英単語は日常会話ではあまり必要ではありません。ネイティブは意外と簡単な英単語を使って会話しています。
海外ドラマや洋画で英会話習得!セリフは最高のお手本
海外ドラマの英語のセリフを聞き取ることでリスニングを上達させている人がたくさんいます。コツは書いて覚えるのではなく、聞こえたとおりに丸ごと覚えることです。英語の勉強が楽しければ続けられます。
英会話習得の法則。○○できれば必ず聞き取れる
自分自身でしゃべることができる英語は、他人が話した時もしっかりと聞き取ることができます。いわば法則のようなものです。スピーキング練習をするとリスニングも自動的に上達していきます。
忙しい社会人の英会話勉強法は、現実的にこれしかない!
隙間時間は英語学習の時間に最適です。社会人は効率の良い勉強法を選ばなければいけません。勉強ができない人というのは隙間時間を有効に活用できない人のこと。英会話は忙しい人ほど早く習得してしまうものです。
老後の英語は頭の体操!年配者にぴったりの英会話勉強法
今、日本では英語を勉強する年配者の方が急増しています。英語を話す練習が頭の体操になって、認知症予防にも効果的だと言う研究結果もあるのです!
目から鱗!英会話は面接の練習と同じようにすれば習得できる!
英会話は面接の練習と同じ様に、どんな質問が来るのかを考えて短く的確に答える練習をすると上達します。学習のコツさえつかめば独学で英会話を習得することは簡単です。
英会話はスポーツや楽器と同じ。練習で上達する。勉強ではない
英会話は練習するものです。習い事やトレーニングのようなものなので、机に向かっていなければいけない勉強とは違います。
シャドーイングの効果的なやり方。リスニングも上達する英語学習方法
効果的な英語の学習方法であるシャドーイングのやり方です。シャドーイングができるようになると、スピーキングが上達するだけでなくリスニング力も向上します。
英会話が長く話せるようになる秘密は○○を使いこなすこと
英語で長く話せない人は英単語の数を増やしたり英文法を勉強するのではなく接続しの使い方を勉強するべきです。いくつかの接続詞を使いこなせるようになるだけで劇的に長く話せるようになります。
うまく英会話できなくても独学で克服!引きこもりでも上達する方法
最初は「英語が周りの人たちよりうまく話せないから恥ずかしい」と思うのは当然。ムリする必要はありません。少しずつ上達すればいいんです。
無料で英会話習得したいなら音読!大声で教科書を読め!
英語は音読すると効果的です。お金をかけずに英会話を習得したいなら、声を出して教科書を読むことをおすすめします。できるだけ大きな声で読むのがポイントです。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと