英会話教材の費用対効果を正しく判断できる人は効率良く学び上達が早い

英会話教材の費用対効果を正しく判断できる人は効率良く学び上達が早い

これまで、たくさんの人が英語を話せるようになるのを見てきました。

 

傾向として、英会話を習得する人たちは

 

最初から何十万円もする高価な教材を買い揃えてしまうというようなムダなことはしません。

 

費用対効果を正しく判断できる人が多かったと思います。

 

この程度のスキルアップに莫大な資金を払うのはバカげている。

 

それを知っているのです。

 

 

 

 

初心者のうちからスクールに通っても、

 

「最初の基礎的な部分の学習はわざわざプロの講師に教わらなくてもいい」

 

ということに気付くので、すぐに学習の軌道修正をします。

 

最初は教材での独学で基礎固めすれば十分だということと、

 

通学時間がムダだということに気付くのです。

 

 

 

 

何年もスクールに通いながら習得出来ない人は、これに気付きません。

 

わざわざ時間をかけて通学して何十万円、何百万円も支払ってしまうのです。

 

プロの講師に莫大な受講料を払って教わっているにも関わらず、

 

相変わらず毎回基礎的なことの繰り返し。

 

それでも自分が上達しないことに疑問を持たず

 

「努力が足りない」

 

「頑張りが足りない」

 

となってしまうのです。

 

 

 

 

また、出来るようになる人は

 

テレビやラジオのCM、雑誌などで宣伝している有名な教材について、

 

「有名だから利用者が多いはず。しかし、あれを使って習得した人を一人も知らない・・・」

 

ということに気付く人が多いです。

 

だから教材やスクールの知名度の高さをまったく重要視しません。

 

有名かどうかは関係ない。

 

華やかな宣伝や流行に惑わされることがないのです。

 

 

 

 

一方、出来るようにならない人は、派手な宣伝にすぐに飛びつきます。

 

それでも使えばまだいいのですが、使いもせずに辞めてしまいます。

 

ダイエット器具と同じです。

 

 

 

 

出来るようになる人は

 

「そのうちやる」とか「そのうちできるようになるだろう」という発想がありません。

 

「いつまでに習得する」というゴールが明確に設定されていて

 

それを達成するために必要なことを選択していきます。

 

そして短期間で集中して実行し、成し遂げます。

 

長い期間ダラダラやる非効率的な方法は

 

目標を達成できる確率が著しく低いということを知っているのです。

 

 

 

 

出来るようにならない人は、「いつかできたらいいな!」と言い続けます。

 

いつまでも言い続けて何年もスクールに大金を支払って、

 

講師から、「諦めずに一緒に頑張っていこうね?」という言葉に安心しています。

 

 

 

 

物事を成し遂げることができる人は自分に足りないもの、必要なものが何なのかが分かる人。

 

的外れなことを続けて「いつかは報われるはず」という痛々しい考え方はしません。

 

そして、既に成し遂げた人が実際に何をやっていたか、を重要視する傾向にあります。

 

効率良く学びましょう。

 

時は金なりです。

 

本当に手に入れたいのは、学んでいるという今ではなく、習得した後の未来のはずです。

 

 

 

←前    次→

英会話教材の費用対効果を正しく判断できる人は効率良く学び上達が早い関連ページ

英会話習得する人は目標が明確
英語を学ぶ目的が無い状態でただ漠然と英語が話せたらいいなと思っているだけで英会話学習を始めてもなかなか継続できません。英語を話せるようになる人たちは皆、「英語が話せるようになって○○する」の○○に入る目標が明確です。
頑張る!だけではなく勉強法の選択を慎重に。英会話は簡単だから
文法書で英文法を学んでも、英会話できるようになりません。『文法的に正しいと言えなくも無い表現』が身につくだけで、自然な会話はできるようになりません。
英会話習得のために続けられる学習法を選んで
洋画や海外ドラマを見てセリフをマネするだけで良い英会話学習になります。できるだけセリフを丸暗記してください。日常を描いた作品は良く使われる表現がたくさんでてくるのでおすすめです。
英会話習得に努力は必要ない。スクールは中級になってから
英会話習得に関して間違った知識が先行してしまった結果、『日本人は中学・高校6年間も英語を学んでいるのに英語が話せるようにならない』と、世界中で有名になってしまいました。
英会話を習得することを邪魔するドリームキラーに注意しろ!
英会話を学ぶ過程で目標達成を邪魔する人が出てくるかもしれません。「無理だからやめろ」などと言ってくるドリームキラーに注意する必要があります。無視しましょう。場合によっては英語を学んでいることを知られないようにした方がいいでしょう。
日本人のTOEICスコアは世界最低レベル!
学校英語の大きな間違いは、「どうすればできるようになるか」をやるのではなく、「どれだけのことが出来ないのか、教えたのに何が出来ていないのか」のチェックが中心だということ。
英会話習得のコツは○○を目指すこと。間違えると挫折の原因
英会話上達の秘訣は中級レベルを目指すことです。今の自分より少しうまくなればいい。それを継続した人が英語を習得するのです。最初から上級を目指してはいけません。
英会話の勉強をやるかやらないかで迷っている人へ
英会話を勉強するかどうか、迷っている時間がもったいない。迷っている時間にはじめていれば、今はどこまでたどり着いているでしょう?
英会話は○○が大事。早く習得するために絶対に必要なこと
英会話は目標が大事です。習得するためには絶対に必要です。「いつか英会話できるようになればいい」という人はいつまでたっても英会話できません。
英会話スクールなど、英語を他人に教わることのデメリット
英語が出来る人というのは、「たくさんの英語に触れている」のです。英語の初心者が効率良くたくさんの英語に触れるためには、英会話スクールに通わず、『自分ひとりで自分に合った内容のもの(ほんの少し上のレベル)を繰り返しやる』のが最適です。
日常英会話って何を話すこと?
英語を身につけたいという人に英語を身につけたら何をするかという質問をすると「日常会話さえできればいい」と答える人がいます。具体的な目標を持っていない人は必ず「日常会話程度ができればいい」と言います。
英会話を学習する上での無意味な感情を捨てなさい
努力という美しい言葉で実力が伴わない現状を美化してはいけません。必要なことを実施するのです。楽しく学べば「つらく苦しい努力」などというものとは無縁です。
塵も積もれば山となるというが、英会話学習では発想を変えて!
英会話学習において、塵は積もっても山にはなりません。せいぜい ”塚” 程度にしかならないでしょう。もっと大きいものを積み上げるのです。それは難しいことではありません。難しくないのだから、たくさん積み上げることができるのです。だから ”山” ができるのです。
英会話学習が続かない人は「○○ならいいな」と思っている!
できない理由は何ですか?できない理由はいくらでも出てきます。しかしそれでは何も達成できません。できる理由を捜せる人しかできるようにならないのです。できる理由をひとつでも多く見つけましょう。
センスがあるとかないとか関係ない。英会話は誰でも習得できる
英語のセンスなどという考え方は必要ありません。そもそもそんなものはありません。英会話は、必要な練習をするだけで誰でも習得できます。
英会話できる日本人はたくさんいる。だからあなたもできるはず
英語ができるようになったからと言って特別な人間になるわけではありません。ただ単に「英語が話せる」というだけのことです。その英語を使って人生を充実させるのです。
英会話の勉強に根性は必要ない。精神論を持ち出す指導者は無視
英語ができない理由は根性がないからではありません。学習内容が悪いからです。習得するために必要なことをやればいいだけです。英語の勉強に精神論は必要ありません。
いつまでに英会話できるようになるかを自分で決めてしまえ!
いつまでに英語を習得するのかを決めなければ、必ず先延ばしします。「いつか英会話できるようになれればいいな」と言っている人で、本当に英会話できるようになった人を一人も知りません。
英会話している未来の自分をハッキリと思い浮かべる
未来の自分は現在の行動が作り上げます。時間を無駄にしてはいけません。今何をするかが重要です。
英会話教材を使うか英会話スクールに通うかで迷っている人へ
英語の初心者の方が英会話を習得するために英語教材を使うか英会話スクールに通うかで迷っている場合は以下のまとめを参考にして下さい。英会話は学習法さえ間違わなければ誰でも必ず身に付きます。
英会話習得の法則。初心者の時に集中して勉強し短期間で中級になる
英会話学習で最も重要なのは、最初に集中してビギナーの状態からできるだけ早く抜け出すということです。マイペースでやるという考えは、挫折への道に直結しています。
英会話学習で時間をかけてもいいのは中級レベル以上になってから
英会話習得に挫折する人は基礎レベルで間違った勉強法を選んで必要以上に時間をかけている人です。英会話学習で時間をかけてもいいのは中級レベル以上になってからです。短期間で英語が話せるようになった人の勉強法を参考にして下さい。
日本人が英会話できない理由は○○しかしないから
英語に関して日本人は間違った勉強法を何十年も信じ続けているので、未だに英会話習得に苦労しています。これまで何年もやってきたのに上達しなかった方法は正しくない勉強法なので、今後いくら続けてもムダです。
英会話習得で最も必要で効果的な勉強法
英会話でよく使うフレーズのインプット量とアウトプット量が多ければ多いほど、流暢に英語が話せるようになります。ネイティブの言い方をそのままマネして覚えてしまうのが、最も簡単で有効です。
ネイティブスピーカーと同じように話せるようになりたいなら
そもそもやりかたが間違っているので何年やっても上達しないのは当然です。だから、長い期間英語を学んでいるにもかかわらず英会話できるようにならない人は学習法を変えなければこの先ずっと上達が見込めないでしょう。
典型的な上達しない英会話勉強法。「初心者の英語教室、本、NHK」
初心者に英会話スクールは向いていません。英語の学習本で学ぶ方法がありますが、こちらも薦めません。NHKのテレビやラジオで放送されている英語講座だけで基礎力を付けるのも難しいでしょう。
英会話できない時期を乗り越える最も効果的な勉強法
英会話の勉強を始めたばかりの頃は「毎日少しずつ」ではいけません。初心者の頃から「少しずつ」を習慣にしてしまうと、この先果てしない継続を強いられることになります。
初心者の壁を超えるだけで英会話できるようになると思え!
初心者の状態が長く続くということは英語がまったくわからない状態が長く続くということです。だから英会話ができるようになるためには初心者の壁を打ち破ることがすべてだと思ってください。つらい状態をできるだけ避けることが重要です。
英会話をマスターするためには最初の3ヶ月が最も重要
3ヶ月経過した時点で少しも英語が話せるようになっていない人は、99%の人が英会話習得できません。勉強法を変えた方がいいでしょう。
初心者が英会話教室に通ってはいけない理由
英会話教室は、少し英語が話せるようになってから通うところです。初心者がやるべき英語の基礎は、わざわざプロの講師に教わりにいくようなものではないのです。
英会話を習得するためには努力や根性ではなく○○が必要
飽きるからやめる。つまらないからやめる。辞めてしまうから、結果いまだ大量の英語に触れていない。英語に触れていないから英語がわからない。わからないから辞める・・・これが英会話習得できない人のパターンです。
英会話の勉強を続けるために最も重要なことは精神論ではない
まず先に根性論を掲げる指導者は信用できません。方法論があるからです。できるようになった人と同じ方法でやるということは、何をするにも有効な手段です。
英会話を習得したい人はこんな意見は無視してください
【大人になってからでは英語は習得できない】【半年も海外に住めば英語がペラペラに話せるようになる】【田舎に住んでいる人より都会に住んでいる人の方が英語学習の環境がいい】【「外国人の彼女・彼氏を作れ」というアドバイス】
初心者が絶対に選んではいけない英会話学習法
【英会話教室】【英語ができない人が英会話習得のために語学留学する】【聞き流すだけでいつのまにか英語がペラペラしゃべれるようになるという教材】【文節ごとに日本語/英語/日本語/英語と区切っている教材】【何十万円もする高額な教材】
英会話スクールの生徒が選んだ本当に上達する教材
英会話を習得するために最も重要なことは、ネイティブが日常の会話でよく使うフレーズをできるだけたくさん覚えて、その覚えたフレーズを声に出して言えるようにトレーニングすることです。一刻も早く初心者レベルから抜け出すことを重要視してください。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと