英語を話せるようになるためにどんどんしゃべれといわれても

英語を話せるようになるためにどんどんしゃべれといわれても

 

 

最高の英語教材 世界の七田式2017年新メソッドが激安!しかも豪華特典付き!

 

ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在し日本食レストランで働いていたとき、

 

日本人スタッフの方々に何度も繰り返し言われたことがあります。

 

 

「英語が出来るようになりたいなら、うまくなくてもいいからどんどんしゃべれ!」

 

 

 

英語をしゃべらないと上達しない。

 

この理屈はわかります。

 

でも、私は「しゃべれしゃべれ」といわれることが本当に苦痛でした。

 

なぜなら私は日本語でもそれほどおしゃべりな方ではないからです。

 

 

 

 

日本語でおしゃべりではない私が、

 

突然外国でたくさんしゃべるようになるなんてことはないんですよ。

 

 

 

 

「それじゃあ上達しないよ。」

 

現地に長く滞在している日本人スタッフはみんなそう言ってました。

 

 

 

 

でも、話すネタがないんだからしょうがない。

 

だから、どんどんしゃべるということはありませんでした。

 

 

 

 

結局、必要なことしか話そうとしませんでしたが、私の英会話力は着実に上達しました。

 

無理してどんどんしゃべるようなことはなかったけれど、

 

必要なことは自分で話して何とかしようとしていたのが良かったのだと思います。

 

 

 

 

ちなみに、この

 

「どんどんしゃべれ。そうしないと英語は上達しないよ。」

 

というのは英会話学習の大きな落とし穴の一つです。

 

 

 

 

積極的にしゃべれとアドバイスされても、初心者の多くは話すネタがない。

 

海外に行って、いきなり初対面の人と話が弾むなんてことはめったにないでしょう?

 

 

 

 

どうするべきかというと、

 

1. 一人で行動する(日本人同士で一緒に行動すると日本語で相談してしまうから)

 

2. どうしても自分一人で話さなければいけない状況を自分で作る。

 

 

 

 

これだけです。

 

一人で買い物に行けばいいんです。

 

 

 

 

そして、

 

これは何?

 

使い方は?

 

食べ方は?

 

いくら?

 

というところから現地の人たちとの会話にチャレンジしていく。

 

 

 

 

おしゃべりじゃなくても生活に必要なことくらいは話さなければなりません。

 

「必要だからやる」

 

「やらざるを得ないからやる」

 

という状況を作っていけばいいのです。

 

 

 

 

確かに、よくしゃべる人は初級レベルから中級レベルまでの上達が早いです。

 

でも、普段しゃべらない人が「しゃべらなければいけない」というプレッシャーを過度に浴びていたら、

 

ストレスが大きすぎて恐怖症のようなものになりかねません。

 

 

 

 

日本食レストランで働いているときも英語が少しできる日本人店員が、

 

英語が苦手な日本人アルバイターに向かって、

 

「同世代の地元の学生もアルバイトでこの店にいるんだから、しゃべればいいじゃん!」

 

「なんでもいいからとにかく話しかけてみろよ!」

 

みたいなことをニヤニヤしながら言って、そういわれた人は仕方なく、

 

"Hello,How are you・・・?"

 

その答えが相手から返ってきた時点で次のフレーズが出てこないから会話は終了。 

 

 

 

 

結局あいさつだけして終わるという光景を数えきれないくらい見てきました。

 

要するに話すネタがないんです。

 

ネタがない状況だということを何一つ考えずに

 

「どんどんしゃべれって言ってるのにしゃべらないから英語が出来るようにならないんだ。」

 

などと、いかにもアドバイスしてやっているのに無視しやがってという高慢な態度。

 

 

 

 

本当に見苦しかったです。

 

それに相手の地元の人たちにも迷惑だったはず。

 

実験台のようにされていたので、ものすごく不満そうな表情をしていました。

 

 

 

 

海外にいるならその環境を生かすべきではあります。

 

しかし、日本にいる人は効率的で効果的な学習法を自分に合わせて自由に選べます。

 

 

 

 

もともと口数が少ない初心者は無理してネイティブと話す必要はありません。

 

いきなり話しかけるのではなく、しかるべきトレーニングをすればいいのです。

 

今はそのための教材が充実しているので、むしろ独学の方が上達が早いくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

実際に英会話するのは、教材での独学を終えて、ある程度できるようになってから。

 

相手が何を言っているのかわからない状態で積極的に話しかけるなんて、

 

非効率的すぎだしバカげています。

 

何より相手にとって迷惑です。

 

 

 

 

英語が少し話せるからと言って初心者を見下したような発言をする人や

 

外国人の方々を自由に練習の実験台のように使えというようなことを言ってくる人は

 

無視してください。

 

必要なことを正しくやれば、英会話はちゃんと身につきます。

 

 

 

←前    次→

英語を話せるようになるためにどんどんしゃべれといわれても関連ページ

インドネシア人が教えてくれた生活するための英会話習得法
インドネシアの学校での英語の教え方は実用的です。多くの日本人のように動詞の語形変化にばかりとらわれて口ごもってしまうより、はるかに上達が早いでしょう。
Vegan(ビーガン) と Vegetarian(ベジタリアン)の違い
ベジタリアンは乳製品や卵も食べます。これに対しビーガンという人たちがいて、彼らは肉、魚、卵、乳製品など動物性の食材を一切採りません。バターも乳製品なので食べないから、植物性の油脂を原料としたマーガリンを使います。
日本の大学を卒業してオーストラリアに語学留学した日本人
彼が通っていたのは、英語になじみがない南米出身の人たちに向けて開設されたクラス。実際は英語をまともに勉強しようとしない日本人がほとんどでした。
語学学校の日本人。失礼な態度に他国の生徒たちが閉口
日本人はいつでもどこでも歓迎されて、何をしても許されると思ったら大間違い。海外に住めばわかることですが、日本人に不快な思いをさせられている人はたくさんいます。
シドニーで一人暮らし。町で一番安いフラットでゴキブリが!
ワーキングホリデーで行ったオーストラリアで一人暮らし。隣人はパキスタン人2人、ネパール人2人、アフガニスタン人1人、得体の知れないオーストラリア人のおばあさん1人。
日本人だけで24時間過ごしていては絶対に英語習得できない
「日本人は必ず2人以上で行動する。そして群れで行動する日本人は英語が話せない」シドニーにいる時、オーストラリア人の友人に何度も言われました。
知り合った日本人の生活 in オーストラリア
海外生活で実際に経験したことを書きました。何のためにそこに住んでいるのかと、疑問に思う人は沢山いました。
オーストラリアでアルバイト 日本食レストランで嫌がらせ
海外生活で実際に経験したことを書きました。日本食レストランで働いて、客から嫌がらせを受けたことがあります。全力で英会話を上達させようと思いました。
オーストラリアでアルバイト 日本食レストランで女子中学生
海外生活で実際に経験したことを書きました。日本食レストランで働いて色々な経験をしました。英会話習得にとても役立つ経験でした。
オーストラリアでアルバイト 人気のカフェでキッチンハンド
海外生活で実際に経験したことを書きました。アルバイト探しは大変でした。
英語が通じた!些細なことだけどうれしかったこと
海外生活で実際に経験したことを書きました。英語が通じると、とても嬉しくなります。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと