【公用語 こうようご】公の場での使用が定められている言語

公用語 こうようご

 

 

管理人プロフィールへ

 

国や特定の地域、団体で、公文書や議会等の公の場での使用が定められている言語。

 

official language.

 

インドではヒンディー語(連邦公用語)と英語(連邦準公用語)、その他複数の各州公用語がある。

 

複数の公用語を持つ国もあり、南アフリカ共和国は11の言語が公用語とされている(2013年)。

 

 

例)
A:「フィリピンの公用語って何?」

 

B:「フィリピン語と英語。フィリピン語っていうのは、現在の首都マニラの辺りで話されていたタガログ語を標準化した言語だよ。」

 

A:「あー、だから日本人とフィリピン人のハーフ元AKB48の秋元才加って、日本語のほかに英語とタガログ語ができるんだ。かっこいいね!」

 

 

【参考】
標準語共通語土着語

 

 

 

【公用語 こうようご】公の場での使用が定められている言語関連ページ

【好角家 こうかくか】とくに大相撲が好きな人を指す場合が多い
【好角家 こうかくか】という言葉を分かりやすく解説します。
【語学 ごがく】語学を学ぶことがボケ防止になるという研究結果もある
【語学 ごがく】という言葉を分かりやすく解説します。
【コックニー コクニー 英語:Cockney】イギリス英語の訛りの一つ
【コックニー コクニー 英語:Cockney】という言葉を分かりやすく解説します。
【コネ コネクション 英語派生:connect】人脈の援助で恩恵を授けること
【コネ コネクション 英語派生:connect】という言葉を分かりやすく解説します。
【コピー 英語:copy】複写。複製。キャッチフレーズや説明文
【コピー 英語:copy】という言葉を分かりやすく解説します。
【コンセンサス 英語:consensus】複数の人間が合意すること
【コンセンサス 英語:consensus】という言葉を分かりやすく解説します。
【コンプレックス 英語:complex】劣等感。他人への嫌味になることもある
【コンプレックス 英語:complex】という言葉を分かりやすく解説します。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと