日本人留学生よ、この場面で冷静な分析は必要ないだろ?

日本人留学生よ、この場面で冷静な分析は必要ないだろ?

アメリカ留学中、火事の現場に出くわした日本人学生が、

 

「"It's a devastating fire!(破壊的な火事だ!)"」

 

と叫んだそうです。

 

 

 

普通、「"Fire!(火事だ!)"」ですよね・・・

 

火事の規模を冷静に分析して表現してはいけないというわけではありませんが、

 

おかしいですね。

 

 

現場にいる人達に奇異の目で見られたとか。

 

 

勤勉さや一生懸命が裏目に出ることもあります・・・

 

 

 

←前    次→

日本人留学生よ、この場面で冷静な分析は必要ないだろ?関連ページ

日本人が海外でよくやる失敗談。私をタクシーと呼びなさい
海外での日本人の失敗談。簡単な単語を並べるだけでも通じることは多いのですが、語順を間違えると違う意味になってしまうことがあります。
サンコンさんの日本語失敗談。お礼を言ったつもりが・・・
タレントとしても大人気のオスマン・サンコンさんの、日本語での失敗談です。
英会話の失敗談!森喜朗首相とクリントン大統領が公式の場で
海外での日本人の失敗談。政治家の失敗談はマスコミの格好の餌食ですね。特に森首相は狙われているようです。
日本人がよく間違う英語表現。何を忘れたのかが伝わらない
海外での日本人の失敗談。日本語の表現との違いいを学ばなければ、大きな誤解を生みます。
「カプチーノ」は「ア カップ オブ ティー」と聞こえる?
海外での日本人の失敗談。ガイドブックに記載されていることを自分で確認してみるのも、旅行の楽しみ方の一つです。
日本人留学生よ、この場面で本当に I'm fine. か?
海外での失敗談を紹介します。本人は必死だったんでしょうが、重要なことを伝えるということを学ばなければ、生死に関わってしまいます。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと