日本人がよく間違う英語表現。何を忘れたのかが伝わらない

日本人がよく間違う英語表現。何を忘れたのかが伝わらない

 

 

最高の英語教材 世界の七田式2017年新メソッドが激安!しかも豪華特典付き!

 

英語と日本語で表現の仕方の違いに注意しなければなりません。

 

日本語で宿題をしてこなかった生徒が「宿題を忘れた。」といいますよね。

 

 

これを英語では、"I didn't do my homework.(宿題をしなかった)"

 

などの表現にしなければいけません。

 

 

日本語の文字通りに"I forgot my homework."というと、

 

「宿題というものが何なのか、その言葉の意味自体が記憶からなくなっている。」

 

というような誤解を受けかねません。

 

 

また、バスに傘を置き忘れた場合なども同様で、忘れるという意味の"foeget"は使わず、

 

"I left my umbrella in the bus." が正しい言い方です。

 

 

 

←前    次→

日本人がよく間違う英語表現。何を忘れたのかが伝わらない関連ページ

日本人が海外でよくやる失敗談。私をタクシーと呼びなさい
海外での日本人の失敗談。簡単な単語を並べるだけでも通じることは多いのですが、語順を間違えると違う意味になってしまうことがあります。
サンコンさんの日本語失敗談。お礼を言ったつもりが・・・
タレントとしても大人気のオスマン・サンコンさんの、日本語での失敗談です。
英会話の失敗談!森喜朗首相とクリントン大統領が公式の場で
海外での日本人の失敗談。政治家の失敗談はマスコミの格好の餌食ですね。特に森首相は狙われているようです。
日本人留学生よ、この場面で冷静な分析は必要ないだろ?
海外での日本人の失敗談。単語を沢山覚えるのは良いことですが、日本人はその使い方に難があるようです。
「カプチーノ」は「ア カップ オブ ティー」と聞こえる?
海外での日本人の失敗談。ガイドブックに記載されていることを自分で確認してみるのも、旅行の楽しみ方の一つです。
日本人留学生よ、この場面で本当に I'm fine. か?
海外での失敗談を紹介します。本人は必死だったんでしょうが、重要なことを伝えるということを学ばなければ、生死に関わってしまいます。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと