【白州次郎】GHQの人に「お前は英語がヘタだな」と言った

【白州次郎】GHQの人に「お前は英語がヘタだな」と言った

 

 

最高の英語教材 世界の七田式2017年新メソッドが激安!しかも豪華特典付き!

 

1902年〜1985年

 

日本のオピニオンリーダー、実業家。

 

英語が堪能だった。

 

1919年(大正8年)に渡英しケンブリッジ大学クレア・カレッジに留学

 

1925年(大正14年)にケンブリッジ大学を卒業。

 

1929年(昭和4年)、英語新聞社の記者となった。

 

その後結婚、転職し、日本食糧工業(後の日本水産)の取締役なども務めた。海外に赴くことが多く、やがて駐イギリス特命全権大使であった吉田茂と会う。

 

終戦直後、吉田茂の側近(自称)として連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)と渡り合った話は有名。吉田政権崩壊後は、実業家として多くの企業の役員を歴任。

 

 

 

【エピソード】
・日本人で初めてジーンズを穿いた人と言われている。

 

・80歳を過ぎても250gのステーキを食べていた。

 

・中学時代は野球部やサッカー部に所属し、手のつけられない乱暴物だったため、白洲家にはすぐに誤りに行くための菓子折りが常備されていた。

 

・1925年(大正14年)に車でヨーロッパ大陸旅行をした。

 

・昭和天皇からダグラス・マッカーサーに対するクリスマスプレゼントを届けた時にぞんざいに扱われたため激怒し、マッカーサーを怒鳴った。(作り話という説もある)

 

・ケンブリッジ大学に留学した理由を「僕は手のつけられない不良だったから、島流しにされたんだ。」と答えた。

 

・GHQの人(アメリカ人)に「お前の英語はなってない。お前は英語がヘタだ」と言った。

 

 

 

【白州次郎】GHQの人に「お前は英語がヘタだな」と言った関連ページ

【空海】中国語は中国に行く前に習得、梵語は3カ月で読めた
中国語は中国に行く前に習得し、梵語(サンスクリット語)は、長安に滞在した短い間にインド出身の僧侶から学び、たった3カ月で教典を読めるほどになったという空海(くうかい)について。
【ジョン万次郎】英語を習得し、アメリカ史に初めて名を残した
英語を習得しABCの歌を日本にはじめて紹介。アメリカの地を踏んだ最初の日本人であるジョン万次郎(じょんまんじろう 中浜万次郎)について。
【新渡戸稲造】著書の武士道は流麗な英語で書かれている
著書の「武士道 Bushido The Soul of Japan」は流麗な英語で書かれている。旧5000円札の肖像画になった人物で、フリーメイソンのメンバーだったという噂がある新渡戸稲造(にとべいなぞう)について。
【南方熊楠】英語ほか18ヶ国語以上を自在に操ったマルチリンガル
語学習得の極意は「対訳本を読む。酒場に行き周囲の会話から繰り返し出る言葉を覚える。」 英語、仏語、独語、サンスクリット語など18〜19ヶ国語(22ヶ国語という説も)自在に操ったといわれる南方熊楠(みなかたくまぐす)について。
【野口英世】語学の天才。すべて独学で英語をはじめ8ヵ国の外国語で読み書きと会話が自在にできるようになった
語学の天才で、英語、中国語、ドイツ語、フランス語、デンマーク語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語の8ヵ国の外国語を自由自在に使えたといわれる野口英世(のぐちひでよ)について。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと