【空海】中国語は中国に行く前に習得、梵語は3カ月で読めた

【空海】中国語は中国に行く前に習得、梵語は3カ月で読めた

774年〜835年

 

現在の香川県で生まれた平安時代の僧。真言宗の開祖。

 

 

 

中国語と梵語(サンスクリット語。古代から中世にかけてインドや東南アジアで使われた)が堪能だった。

 

中国語は中国に行く前に習得し、梵語は、長安に滞在した短い間にインド出身の僧侶から学び、
たった3カ月で教典を読めるほどになった。

 

日本人で初めて梵語を修得した人。

 

日本語に初めて「ん」の音・文字を加えた人。835年、空海が亡くなる年に加えられた。
例えば平安時代以前では「噛みて」といっていた言葉を「噛んで」というように、『M』の音だけでなく『N』の音を日本語に加えた。

 

日本語の50音順はサンスクリッド語の並びから作られていて、それを作ったのも空海。

 

ひらがなを作るきっかけになった文字を作ったと言われている。(ひらがなが作られたのは空海の死後、数十年が経過してからだという説がある)

 

いろは歌も空海が由来と言われている。

 

「あ・うんの思想」の「あ」というのは世の中の宇宙・世界のはじまり、「うん」というのは宇宙が収縮して種になってしまうことを表す。

 

真言宗の「真言」とは「本来の発音」という意味。

 

讃岐うどんも空海が由来と言われている。

 

 

「弘法筆を選ばず」の通り、かなりの達筆だったらしい。

 

 

 

【空海】中国語は中国に行く前に習得、梵語は3カ月で読めた関連ページ

【白州次郎】GHQの人に「お前は英語がヘタだな」と言った
大正14年にケンブリッジ大学を卒業し、英語新聞社の記者になった経歴を持つ白州次郎(しらすじろう)について。
【ジョン万次郎】英語を習得し、アメリカ史に初めて名を残した
英語を習得しABCの歌を日本にはじめて紹介。アメリカの地を踏んだ最初の日本人であるジョン万次郎(じょんまんじろう 中浜万次郎)について。
【新渡戸稲造】著書の武士道は流麗な英語で書かれている
著書の「武士道 Bushido The Soul of Japan」は流麗な英語で書かれている。旧5000円札の肖像画になった人物で、フリーメイソンのメンバーだったという噂がある新渡戸稲造(にとべいなぞう)について。
【南方熊楠】英語ほか18ヶ国語以上を自在に操ったマルチリンガル
語学習得の極意は「対訳本を読む。酒場に行き周囲の会話から繰り返し出る言葉を覚える。」 英語、仏語、独語、サンスクリット語など18〜19ヶ国語(22ヶ国語という説も)自在に操ったといわれる南方熊楠(みなかたくまぐす)について。
【野口英世】語学の天才。すべて独学で英語をはじめ8ヵ国の外国語で読み書きと会話が自在にできるようになった
語学の天才で、英語、中国語、ドイツ語、フランス語、デンマーク語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語の8ヵ国の外国語を自由自在に使えたといわれる野口英世(のぐちひでよ)について。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと