【ブロークンイングリッシュ 英語:broken English】

ブロークンイングリッシュ 英語:broken English

文法や発音などで誤りが多い英語。

 

意味が通じることも多々あるので、若者には「逆にかっこいい」などと評されることもある。

 

 

本当は英語がしゃべれないが、しゃべらなければならない状況になってしまい、
しゃべってみたらまったく通じなかったという場合や、
正しいと思っていた表現が間違っていた場合の言い訳に使うケースも多々見られる。

 

 

常に正しい発音と文法を使わなければならないということはない。
多少、文法や発音などで誤りがあったとしても、
誠意をもって伝えようと努力してしゃべれば案外伝わるものである。

 

そういった意味で、
必ずしもブロークン・イングリッシュが常に悪いものであるという考え方をする必要はない。

 

 

例)
A:「おまえ、今、外人と英語で話してたけど通じてねぇだろ?」

 

B:「あぁ、俺のはブロークン・イングリッシュだからな。あの外人、標準的な英語しか分からねぇんだな」

 

A:「苦しい言い訳だな・・・」

 

 

 

【ブロークンイングリッシュ 英語:broken English】関連ページ

【ファストフード ファーストフード 英語:fast food】
【ファストフード ファーストフード 英語:fast food】という言葉を分かりやすく解説します。
【ファーストレディ 英語:First Lady】大統領や首相の夫人
【ファーストレディ 英語:First Lady】という言葉を分かりやすく解説します。
【ブーム 英語:boom】ある物事が急に盛んになったり流行ったり値段が上がったりすること
【ブーム 英語:boom】という言葉を分かりやすく解説します。
【フェアプレイ フェアプレー フェアープレー 英語:fair play】
【フェアプレイ フェアプレー フェアープレー 英語:fair play】という言葉を分かりやすく解説します。
【ブルーカラー 英語:blue-collar】肉体労働に就いている人
【ブルーカラー 英語:blue-collar】という言葉を分かりやすく解説します。
【プレタポルテコレクション 英語:PRET-A-PORTER COLLECTIONS】
【プレタポルテコレクション 英語:PRET-A-PORTER COLLECTIONS】という言葉を分かりやすく解説します。
【フロー状態 英語:Flow】楽しすぎて催眠にも近い我を忘れた没頭状態
【フロー状態 英語:Flow】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと