【リストラ 英語派生:Restructuring】整理解雇

リストラ 英語派生:Restructuring

仕事が少なくなったために従業員を解雇すること。整理解雇。

 

【由来】
英語のRestructuring(再構築)の略なので、英語本来の意味とは違う。

 

 

新年や年度初めの社員に向けた社長挨拶などで、「うちの会社は『人材』ではなく『人財』と書きます。皆さんが会社の財産なのです。」などと言っている会社も簡単にリストラをする。「俺達が財産だと言っただろう!財産を切ってどうするんだ!」という社員からの最もな意見は確実に無視され、「会社の人」より「会社の財(金額で表す利益)」の方が重要であった、ということが浮き彫りになるということが日本中で起きている。

 

若い社員に向かって、「これからはお前らが中心になってやっていかなきゃいけないんだぞ!」などと言っていた年配社員が、リストラされる者が出てきた途端に仕事を始めるという現象が多発している。椅子にふんぞり返っていただけの高給取りが突然仕事熱心になっても、移り変わりが激しい現場で仕事についていけるはずもなく、会社の厳しい現状が改善されないことが多いため、リストラ対象者を誰にするかで会社の命運が決まる。

 

 

2013年までのような大不況により、「若い世代を育てなければ自分(年配者)の立場は安泰」という考え方が問われているが、気づいた今は「時、既に遅し」となっていることを理解しなければその先は更に苦しくなっていく。

 

 

 

例)
年配社員A:「この不況をどう乗り切るか、意見を出してくれたまえ」

 

若手社員B:「あなたのような無能な高給取りをリストラすれば、簡単に業績は上がります」

 

若手社員C:「自分が無能な高給取りだという自覚もあるでしょう?もし希望早期退職の募集が始まったら、真っ先に申請を出すくせに。その方が会社のためだけど」

 

 

 

【リストラ 英語派生:Restructuring】整理解雇関連ページ

【リアクション 英語:reaction】反応。応答。反作用。反動。反響。反発。
【リアクション 英語:reaction】という言葉を分かりやすく解説します。
【リア充 りあじゅう】実際の生活(現実の生活・リアルな生活)が充実している人を指す言葉
【リア充 りあじゅう】という言葉を分かりやすく解説します。
【リエゾン フランス語、英語:liaison】「連音」とも言う
【リエゾン フランス語、英語:liaison】という言葉を分かりやすく解説します。
【リスニング 英語:listening】自分の意思で注意して聞くこと
【リスニング 英語:listening】という言葉を分かりやすく解説します。
【リトルチャロ】NHKで放送されている全編英語のテレビアニメ
【リトル・チャロ】という言葉を分かりやすく解説します。
【リトルリーグ 英語:Little League】硬式球とほぼ同じものを使う
【リトルリーグ 英語:Little League】という言葉を分かりやすく解説します。
【リピーティング 英語:repeating】勉強法の一つ
【リピーティング 英語:repeating】という言葉を分かりやすく解説します。
【リベンジ 英語:revenge】スポーツなどで一度敗れたことのある相手と再戦して勝つこと
【リベンジ 英語:revenge】という言葉を分かりやすく解説します。
【留学 りゅうがく】他の土地、特に外国に在留して学ぶこと
【留学 りゅうがく】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと