【リトルリーグ 英語:Little League】硬式球とほぼ同じものを使う

リトルリーグ 英語:Little League

1939年のアメリカ・ペンシルベニア州ウィリアムスポートがリトルリーグ誕生の地。
現在の世界本部が置かれている。

 

1964年、アメリカ連邦政府により野球法人として法律で認可され、
ボーイスカウトなどと並び社会活動の団体となる。

 

現在は100以上の国と地域で約7000リーグ、300万人が参加しているといわれている。

 

毎年8月に発祥の地であるウィリアムスポートで、
アメリカ代表8チームと国際代表8チームで国際大会が行われている。

 

リトルリーグでは高校野球で使用される硬式球(硬球)とほぼ同じものが使用されることが、
軟式球を使う少年野球との大きな違いである。

 

リトルリーグの選手・監督・コーチは団体保険の加入が義務付けられている。

 

指導者には講習会を通して選手の健康管理や指導法の理解を深める取り組みをしている。

 

 

【硬球の使用について】
年少者が使用すると骨や筋肉の発達に悪影響があると言う意見もあるが、医学的研究の結果、指導が正しければ問題ないと証明されている。ハーバード大学、コロンビア大学、エール大学の医学研究所で充分な検討がなされ、安全が保証されている。日本の高校野球の選手が肩やひじを壊す原因の大部分が、少年野球などで軟式球を使用していたのに、高校野球で突然硬式球に変え、その時の指導法が正しくない為だというい意見も根強い。

 

アメリカメジャーリーグ・レッドソックスの松坂大輔投手、シアトルマリナーズの岩隈久志投手、中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手、日本ハムファイターズの中田翔選手、元読売ジャイアンツの清原和博さんなど、リトルリーグ出身でプロ野球選手になった人が多数いる。

 

 

例)
A:「リトルリーグ出身の有名人て誰?」

 

B:「女優の杏ちゃん。7番レフトで試合にも出てたそうだよ!」

 

 

 

【リトルリーグ 英語:Little League】硬式球とほぼ同じものを使う関連ページ

【リアクション 英語:reaction】反応。応答。反作用。反動。反響。反発。
【リアクション 英語:reaction】という言葉を分かりやすく解説します。
【リア充 りあじゅう】実際の生活(現実の生活・リアルな生活)が充実している人を指す言葉
【リア充 りあじゅう】という言葉を分かりやすく解説します。
【リエゾン フランス語、英語:liaison】「連音」とも言う
【リエゾン フランス語、英語:liaison】という言葉を分かりやすく解説します。
【リストラ 英語派生:Restructuring】整理解雇
【リストラ 英語派生:Restructuring】という言葉を分かりやすく解説します。
【リスニング 英語:listening】自分の意思で注意して聞くこと
【リスニング 英語:listening】という言葉を分かりやすく解説します。
【リトルチャロ】NHKで放送されている全編英語のテレビアニメ
【リトル・チャロ】という言葉を分かりやすく解説します。
【リピーティング 英語:repeating】勉強法の一つ
【リピーティング 英語:repeating】という言葉を分かりやすく解説します。
【リベンジ 英語:revenge】スポーツなどで一度敗れたことのある相手と再戦して勝つこと
【リベンジ 英語:revenge】という言葉を分かりやすく解説します。
【留学 りゅうがく】他の土地、特に外国に在留して学ぶこと
【留学 りゅうがく】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと