【カンニング  英語:cheating】試験のときの不正行為

カンニング 英語:cheating

試験のときの不正行為。

 

語源は英語の"cunning"(ずる賢い)だが、英語で表現する時は"cheating"(不正行為)というため、

 

カンニングという言葉は和製英語

 

 

 

明治時代から使われている言葉。

 

 

 

縮小コピーして隠し持っておくつもりがコピー機がなく、

 

仕方がないので急いで手書きで小さい紙などに書いていると、

 

意外と頭にどんどん入ってきて試験本番には作ったカンニング用紙を一度も見なかった、

 

ということを経験している人もたくさんいるらしい。

 

 

 

 

カンニングをすることに一生懸命になるあまり、あらゆる手段を講じるようになっている様が、

 

「その集中力と労力を、単に学習にまわせば成績が上がるだろうに・・・」

 

と周囲からあきれられることもあるが、

 

熱中している本人は、「超ラクをして高得点を取る!」と意気込んでいるため、

 

頑張り通してしまう傾向にある。

 

不正行為がバレて職員室で手口の詳細を説明するハメになるが、

 

教師が巧妙さに感心するという奇妙な空気になり、

 

ちょっとした優越感を感じる可能性もあるが、

 

不正であることに変わりは無いので、絶対にやってはいけない行為である。

 

 

例)
A:「2011年に大学入試中、ネット投稿して第三者が回答するというカンニング事件があったな」

 

B:「最大の問題は、それに気づかない試験官の無能さだよな。何のためにそこにいるんだろう?」

 

 

 

【カンニング  英語:cheating】試験のときの不正行為関連ページ

【外交プロトコル がいこうぷろとこる】国際的催しなどで、その実務や交流の場における公式な規則や手順
【外交プロトコル がいこうぷろとこる】という言葉を分かりやすく解説します。
【外語大 がいごだい】言語に関する外国語学部だけを設置し研究、教育する単科大学
【外語大 がいごだい】という言葉を分かりやすく解説します。
【外人 がいじん】時として差別用語になるので使うときは注意が必要
【外人 がいじん】という言葉を分かりやすく解説します。
【外タレ がいたれ】海外で活躍し日本にプロモーションやコンサートなどで来日したタレント
【外タレ がいたれ】という言葉を分かりやすく解説します。
【返り読み かえりよみ】英語や漢文などを後ろから訳していく、日本式の読解方法。
【返り読み かえりよみ】という言葉を分かりやすく解説します。
【学齢 がくれい】学校に就学して教育を受けることが適切とされる年齢
【学齢 がくれい】という言葉を分かりやすく解説します。
【カミングアウト 英語:coming out】人に知られたくないことを告白すること
【カミングアウト 英語:coming out】という言葉を分かりやすく解説します。
【カリキュラム 英語:Curriculum】教育内容を学習段階に応じて計画したもの
【カリキュラム 英語:Curriculum】という言葉を分かりやすく解説します。
【カロリー 英語:calorie】熱量の単位。正体は分かっていない人が多い
【カロリー 英語:calorie】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと