英語教室(英会話教室)のメリットとデメリット

英会話スクール(英会話教室)のメリットとデメリット

 

 

最高の英語教材 世界の七田式2017年新メソッドが激安!しかも豪華特典付き!

 

【メリット】
・実際に会話する。講師と直接相談できることで細かい指導が受けられる。

 

・自分と違う業界、趣味の人たちと出会えて学習に良い刺激が得られる。

 

英語上達という同じ目標を持った友達ができる。

 

・細かい発音の指導などが受けられる。

 

 

 

【デメリット】
・通学に時間がかかる。天候により行きたくなくなる。仕事帰りは疲れている。

 

・通っているということだけで満足してしまう。

 

・授業中以外は自国の言葉で会話する人が多いため、結局英語を話している時間が少ない。

 

・うまく発音できないことや他の生徒より学習が進んでいないことで萎縮してしまい、通い辛くなる。

 

・講師が外国人と言っても、教えるプロとは限らない。

 

旅行者の小遣い稼ぎのためのアルバイトの場合も。(あなたは海外に行くだけで日本語教師になれますか?)

 

・自分に合った先生に出会えないかもしれない。

 

そもそもそのスクールに自分に合った先生が一人もいないかもしれない。

 

・フリートークするネタが無いため結局会話しない。

 

・テキストを使うタイプの授業なら教材を買うのと変わらない。
(教材のサポート体制によってはメールや電話などで相談できる場合がある)

 

・自分に最適なスクールに出会えるとは限らないため、

 

スクールやレッスン内容を変更しているうちに費用がかさみ、時間がかかる。

 

・自分が英語習得するまでの期間がわからない場合、期間を延長し続けて費用がかかる。
(教材なら繰り返し活用できる)

 

 

 

【結論】
・子供が英語に触れるという意味では良い面が多い。

 

・通い続けてレベルアップしていければいいが、

 

そのためには高額な費用が必要な場合もあり、

 

「こんなに費用がかかるなら高額な教材の方が安かったし、

 

自分の自由な時間を勉強に使うことができた。」

 

「レッスンについていけなくなったので復習したい。だったら教材でよかったのでは?」ということも。

 

・中級レベル以上の大人の方におすすめだが、

 

普段あまり喋らない人の場合、しゃべるという行為自体がストレスになって大変。

 

・ネタがなかったりしてフリートークが出来ないことも考えられる。

 

・個人レッスンのため通うという選択肢もあるのでスクール側と相談して!

 

メリットが大きい反面、上記デメリットのような状態に陥ってしまう人が多いのも事実。

 

 

英会話スクール(英会話教室)に通って学習した場合、

 

英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを

 

移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、

 

『走る』 です。

 

走り続けることが出来れば必ず目的地にはたどり着きます。

 

走り続ける「時間」と「目的地までの距離」を充分に考えましょう。

79歳から英会話教室に通った女性

某英会話スクールでの実話です。

 

なんと、79歳でアルファベットを一文字づつ読むレベルからはじめた女性が84歳で中級レベルまで進級。

 

同じレッスンを受けているのは、英語がまったく出来ないけどやり直して喋れるようになりたいという大学生たち。

 

そのおばあちゃんはみんなに尊敬され、アイドルのような存在でした。

 

英語教師たちに聞くと、習得するスピードは速いとはいえないが、確実にレベルアップしているとのこと。

 

そのクラスは授業中いつもみんな笑顔でした。

 

もちろん、誰よりも楽しそうに学んでいたのは84歳のおばあちゃん。

 

「一人では続かないけど若い人たちと一緒にいると元気が出ます。」

 

「言霊(ことだま)を学ぶことは重要ですね。」

 

私自身、そのおばあちゃんから学ぶことが多かったと思っています。

質問の意味は?

日本の大きな企業では、

 

外国出身の社員に講師を務めてもらって社内英会話スクールを設けているとことがあります。

 

私が以前勤めていた会社にもありました。

 

その講師をしていたアメリカ人男性と話したとき、

 

ほとんどの日本人が奇妙な答えをすると嘆いていました。

 

 

 

 

例えば、

 

あなたはどこに住んでいますか?と質問すると必ず、

 

"I live in Japan.(私は日本に住んでいます。)"

 

ご両親はどこに住んでいますか?と質問すると必ず、

 

"They live in Japan.(彼らは日本に住んでいます。)" と答えるのだそう。

 

わかっているんです、それは。日本国内で日本人に聞いているんです。日本のどこかという意味なのに。

 

外資系の、社員数1000人を超える会社の正社員の英語力。その講師は頭を抱えていましたね・・・

 

当然という態度でそのような答えをするのは日本人だけだそうです。

 

←前    次→

英語教室(英会話教室)のメリットとデメリット関連ページ

英会話教材・英語学習教材のメリットとデメリット
英会話教材や英語学習教材を使用して学習した場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『乗り物に乗る』 です。ただし、優良な教材で、しかも自分に合ったものでなければ『乗り物を買っただけ』になってしまいます。慎重に選んで上手に乗りこなしましょう。
テレビ英語講座 ラジオ英語講座のメリットとデメリット
テレビ講座やラジオ講座で学習した場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『歩く』 です。楽しい番組が毎日放送されています。ただし「時間」がかかります。目的地にたどり着く前に止めてしまわないよう、他の学習と組み合わせることを強くお薦めします。
オンライン英語講座で学習をするメリットとデメリット
オンラインで英語学習した場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『走る』 です。目的地にたどり着くまでの「時間」と「距離」を充分に考えましょう。
語学留学 ホームステイのメリットとデメリット
語学留学や海外にホームステイして学習した場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『走る』 です。現地に行って日本語で生活するようなことだけは絶対に避けなければならないため、覚悟をきめて走らなければなりません。目的地までの「距離」を充分に考えましょう。
英語学習の本・英会話の本のメリットとデメリット
英語の学習本を使って学習した場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『歩く』 です。英語初心者の方は「時間」がかかる手段であるため、他の学習と組み合わせることを強くお薦めします。
中学や高校の英語教科書を使った学習のメリットとデメリット
学校に通っていない人が中学・高校の教科書を使って学習した場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『歩く』 です。そもそも授業無しで教科書だけの学習で英語がマスターできるのであれば、学生時代にできるようになったはず。他の学習との組み合わせを強くお薦めします。
英語の家庭教師のメリットとデメリット
家庭教師を雇って学習をした場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『走る』 です。優良で、しかも自分に合った家庭教師と学習し続けられる環境を整えることが出来る方のみにお薦めします。
テレビやDVDの二ヶ国語放送やAFNで英語を学習するメリットとデメリット
テレビ・DVDなどの二ヶ国語放送やAFNを利用して学習をした場合、英語ができるようになるという目的地にたどり着くまでを移動手段『歩く』『走る』『乗り物に乗る』で例えるなら、『走る』 です。シャドーイングに使えば非常に効果的ですが、初心者には難しいトレーニングなので、最初は他の学習をメインにすることをお薦めします。
英語しか話せない彼、または彼女と付き合うことで英会話の学習をするメリットとデメリット
無理やり恋愛と英会話を結びつける必要はありません。まずは相手の方と長くお付き合いできるかどうかという大きな問題を乗り越えなければなりません。初心者のうちは他の英語学習法を強くお薦めします。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと