【OECD】加盟国の経済的発展、開発途上国への援助、貿易の拡大などを目的とする国際協力機関

OECD おーいーしーでぃー

Organization for Economic Cooperation and Development の頭文字を取った言葉で

 

経済協力開発機構のこと。

 

本部はフランスのパリに置かれており、公用語はフランス語と英語。

 

 

加盟国の経済的発展、開発途上国への援助、貿易の拡大などを目的とする国際協力機関。

 

 

 

2013年11月現在、34カ国が参加している。(日本は1964年から参加)

 

 

OECDの基本理念は客観性、公開性、大胆さ、先駆性、倫理性。

 

 

【OECD東京センター】
OECDに対する理解をアジアや太平洋地域で促進するために1973年に設置され、
活動や研究成果の広報などを行っている。

 

同様の機関がベルリン、メキシコシティー、ワシントンにもある。

 

 

【関連】
G20

 

 

 

【OECD】加盟国の経済的発展、開発途上国への援助、貿易の拡大などを目的とする国際協力機関関連ページ

【OB】「先輩」や「そこを卒業、あるいは引退した人」。女性のOGという言葉も
【OB おーびー】という言葉を分かりやすく解説します。
【ODA】政府開発援助。世界の平和と安定に重要な役割を果たす
【ODA おーでぃーえー】という言葉を分かりやすく解説します。
【OL】オフィスレディ。女性の会社員や事務員を意味する和製英語
【OL おーえる】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと