【インスパイア  英語:inspire】示唆する、鼓舞する

インスパイア 英語:inspire

 

 

管理人プロフィールへ

 

示唆する、鼓舞する、(激励[感化]して)…させる(inspire to do)などの英語の本来の意味から転じて、何かをやるきっかけになったときや、同じような作品を作ったときにかっこつけて使う言葉。

 

誤解を招きやすい言葉なので、使い方には注意が必要。

 

色々な作品を真似してきた大物アーティストが、若いアーティストに対して、『その作品、誰かの真似でしょ?』と言うと角が立つので、『あ、インスパイアされたってこと?』などと言ってその場を和らげることで、自分の過去の作品に対す仕返し的な、『あなたも過去に真似してきたでしょ?』という攻撃を防御する狙いもある。

 

普通に、「背中を押され、一歩踏み出せました」と言えばいいものを、「インスパイアされました」などと言うことでアーティストであることをアピールしたがる凡人が多いが、「その言葉を言いたかっただけ?」などと思われることもあるので覚悟して使った方がいい表現である。

 

 

例)
自称アーティスト:「有名アーティストの○○さんの作品にインスパイアされてこの作品を作りました。」

 

審査員:「パクったってこと?」

 

 

【類語】
オマージュ

 

【比較】
オリジナル

 

 

 

【インスパイア  英語:inspire】示唆する、鼓舞する関連ページ

【インターナショナルスクール 英語:International school】
【インターナショナルスクール 英語:International school】という言葉を分かりやすく解説します。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと