【toto】トト。サッカーくじ。スポーツ振興くじ。専売所や取り扱いコンビニ、インターネットなどで販売

toto とと

トト。サッカーくじのこと。スポーツ振興くじ。

 

正式名称は「スポーツ振興投票」で、「toto」は愛称。

 

文部科学省の指導監督のもと独立行政法人日本スポーツ振興センターにより運営、発売されている。

 

 

2000年から試験販売をはじめ、勝敗を自分の予想するものや機械がランダムで選ぶものなど
現在では数種類のくじが販売されている。

 

 

専売所や取り扱いコンビニ、インターネットなどで販売されている。

 

 

toto BIG というくじでは最高6億円が当選する。
1等の当選確率は理論上およそ480万分の1。(ジャンボ宝くじは1000万分の1)
2015年4月12日の日程終了時点で6億円当選者は274口。
2015年4月末時点で2口分の当選金が受け取られていない。

 

 

Jリーグのシーズンオフには欧州の試合が対象になる。

 

過去に2回1等当選金額を10億2円に設定したことがあり、

 

第662回(結果発表2013年11月24日)で9名、

 

第678回(結果発表2014年03月02日)で3名が1等の10億2円に当選し話題となった。

 

2014年6月にワールドカップブラジル大会の対戦を対象としたくじを発売。

 

第720回BIGの1等は10億2円で1口当選。

 

2015年1月に販売された第745回の1等は10億2015円。締切は1月31日だったが、内容が過激派による邦人人質事件を連想させる内容が含まれているという判断で、くじを運営する日本スポーツ振興センターが28日以降のCM放送を自粛したことでも話題になった。1等10億2015円は6口当選。

 

2015年2月17日、日本スポーツ振興センターがtotoの1等最高当せん金を、これまでの2億円から5億円に大幅に引き上げて販売すると発表。2015年シーズンの最初のtoto(第750回)でキャリーオーバーが2億2800万円発生しているので、いきなり5億円当選者が出る可能性がある。

 

第775回BIGの1等は10億2015円で2口当選。

 

2015年10月9日時点のtoto公式サイト発表データによると、BIGで6億円当選くじを購入した場所は
1位 BIGオフィシャルサイト 65本
2位 BIGマークのお店 59本
3位 楽天銀行サイト 37本

 

 

第806回BIGの1等は10億だったが、当選が6口出たため730,610,313円。

 

第810回BIGで1等6億円の当選が2口。6億円の当選は通算289口。

【toto】トト。サッカーくじ。スポーツ振興くじ。専売所や取り扱いコンビニ、インターネットなどで販売関連ページ

【TOEIC】アメリカのETSが開発した国際コミュニケーション英語能力テスト
【TOEIC とーいっく】という言葉を分かりやすく解説します。
【TPP】日本やアメリカを中心とした環太平洋地域による経済連携協定
【TPP てぃーぴーぴー、てーぴーぴー】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと