【NISA】2014年1月から始まった個人投資家向けの少額投資非課税制度

NISA にーさ、にぃさ

2014年1月から始まった個人投資家向けの少額投資非課税制度のこと。

 

2023年までの10年間の期間限定制度。

 

 

イギリスで広く普及している "Individual Savings Account" (個人貯蓄口座)

 

を参考にした制度だといわれており、

 

NIHON・NIPPON(日本)の頭文字 "N"を先頭につけて "NISA" という愛称にしたらしい。

 

 

 

株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度ということで、

 

NISAの口座で取引すると税金面でメリットがある。

 

投資金額100万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となる。

 

 

日本在住で20歳以上でないとNISA口座資格がない。
(日本に住んでいて口座を開設する年の1月1日時点で満20歳以上であることが条件)

 

 

口座所有者が無条件で利益を得られるわけではないので誤解してはいけない。

 

 

『誰でも簡単に儲かるしくみ』というわけではないので慎重に考えるべきである。

 

 

今後、制度・法令等が変更される可能性もあるので、しっかりと調べてから取り組む必要がある。

 

 

 

【NISA】2014年1月から始まった個人投資家向けの少額投資非課税制度関連ページ

【NASA】アメリカ航空宇宙局。アイゼンハワー大統領の時に正式に発足
【NASA なさ】という言葉を分かりやすく解説します。
【NATO】北大西洋条約機構。本部はベルギーの首都ブリュッセル
【NATO なとー】という言葉を分かりやすく解説します。
【News Week】アメリカの週刊誌。ニュース情報誌。世界に約2500万人の読者がいる
【News Week にゅーず うぃーく、にゅーす うぃーく】という言葉を分かりやすく解説します。
【NIE】新聞を教材にして勉強する方法。世界74カ国以上で実施
【NIE えぬあいいー】という言葉を分かりやすく解説します。
【NSA】1952年に設立されたアメリカ国防総省の諜報機関
【NSA えぬえすえー】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと