【LNG】液化天然ガス。大量に輸送することや貯蔵することが可能

LNG えるえぬじー

"Liquefied Natural Gas " の頭文字から作られた言葉で、液化天然ガスのこと。

 

 

メタンを主成分とした天然ガスをおよそマイナス162度まで冷却し液化した無色透明のもの。

 

気体のときと比べて約600分の1の体積になるため、大量に輸送することや貯蔵することが可能。

 

 

石油や石炭と比べ、燃焼した時の二酸化炭素排出量が少ない。

 

また、燃焼の際に硫黄酸化物を排出しない。

 

 

 

日本は多くを海外から輸入している。

 

中近東やインドネシア、マレーシア、オーストラリアなどの産地で液化され、

 

専用のタンカーで日本まで運び、

 

火力発電用燃料、あるいは都市ガスとして使用されている。

 

 

 

世界中で環境保護のため大型船の燃料とする動きが活発となっている。

 

2020年までに各国の大型船の燃料がLNGになるといわれているが、

 

2014年の時点で日本はその分野で遅れているといわれている。

 

 

欧米などでは使用する地域とガス田が比較的近いので、

 

気体の天然ガスとしてパイプラインで運んでいる。

 

 

 

【LNG】液化天然ガス。大量に輸送することや貯蔵することが可能関連ページ

【LCC】格安航空会社。低い運航費用・低価格・サービスの簡素化が実現された航空輸送サービス
【LCC えるしーしー、えるしぃしぃ】という言葉を分かりやすく解説します。
【LGBT】差別用語ではない。ビジネスの場では急速に状況が変わりつつある
【LGBT えるじーびーてぃー】という言葉を分かりやすく解説します。

一番良い英会話教材 よくある質問 絶対にやってはいけない ひとりごと