【ATS】鉄道での事故防止やスピードの出しすぎを防止する安全装置

ATS えーてぃーえす、えーてーえす

 

 

管理人プロフィールへ

 

Automatic Train Stop

 

自動列車停止装置。

 

鉄道での事故防止やスピードの出しすぎを防止する安全装置。

 

 

 

列車などが停止信号を超えて進んでしまう場合に警報を作動させたり、

 

列車のブレーキを作動させて停止させることで衝突事故や脱線事故を防ぐ装置。

 

 

 

 

1921年(大正10年)から試験が行われ、

 

1927年(昭和2年)、現在の東京メトロ銀座線(東京地下鉄)が日本で初めて打子式ATS使用開始。

 

 

 

その後どんどん普及。

 

 

 

2005年4月25日、JR福知山線脱線事故発生を受け

 

「速度照査機能つきATS」の設置が国土交通省より通達され、

 

ニュースで大きく取り上げられたことで一般の人にもATSが広く知られるようになった。

 

 

 

2014年4月8日、JR西日本は山口県下関市の山陽線下関駅で、

 

2ヶ月間もの間ATSを誤った場所に設置していたため作動していなかったと発表。

 

線路工事で取り替えた時に設置場所を間違えたことが原因。

 

(ATSが作動するような状況にはなっていなかった。運転士が気付いて発覚)

 

 

現在、国土交通省の省令はカーブや駅へ進入する直前などにATSの設置を義務付けている。

 

 

 

【ATS】鉄道での事故防止やスピードの出しすぎを防止する安全装置関連ページ

【AED】自動体外式除細動器。使い方を音声で知らせてくれる
【AED えーいーでぃー、えーいーでー】という言葉を分かりやすく解説します。
【AET】アシスタントイングリッシュティーチャー。日本人の英語教師と一緒に授業を行う外国人教師
【AET えーいーてぃー】という言葉を分かりやすく解説します。
【AFN】世界各地に駐留するアメリカ軍とその家族などのための放送局
【AFN えいえふえぬ】という言葉を分かりやすく解説します。
【ALT】アシスタントランゲージティーチャー。日本人の外国語教師と一緒に授業を行う外国人教師
【ALT えーえるてぃー】という言葉を分かりやすく解説します。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと