【敵性語 てきせいご】かつて敵対国や交戦国で一般に使用されている言語を指した語

敵性語 てきせいご

 

 

管理人プロフィールへ

 

かつて敵対国や交戦国で一般に使用されている言語を指した語。

 

日本では、第二次世界大戦中に敵国であったアメリカやイギリスで使用される英語を敵性語とし、排斥する運動が起こった。

 

 

例)
A:「もし今、英語が敵性語になったら、今日の昼飯、なんて言えばいいのかな?」

 

B:「ハンバーグは『とろみをかけた獣肉の平たいつくね』、サラダは『たれをかけた冷たい生野菜の盛り付け』かな」

 

 

 

【敵性語 てきせいご】かつて敵対国や交戦国で一般に使用されている言語を指した語関連ページ

【ディテール 英語:detail】全体の中の細かい部分。細部。
【ディテール 英語:detail】という言葉を分かりやすく解説します。

よくある質問 教材レビュー 一番良い英会話教材 英会話を習得する人 絶対にやってはいけない ひとりごと