用語集 「お」記事一覧

効果的な英語の学習法の一つ。シャドーイングが難しくてうまくできない人にすすめる学習法。シャドーイングとの違いはスクリプトを見るか見ないか、聞こえてくる音声と同時に発音するか少し遅れて発音するか。オーバーラッピングの目的の一つは音声と同時に音読することなので最初は発音の良し悪しを気にせずスピードを重視する感覚で良い。その結果、ネイティブと同じ速さで英語を話す筋肉が付く。【オーバーラッピングの方法】・...

超自然の現象。神秘的現象。神秘的な、超自然的な、魔術の、不思議な、密教的な科学的な根拠が無いもので、不思議、あるいは気味の悪いもの、宗教的なものを指す場合もある。「オカルト」の定義は論者や時代、解明されていることの内容などによる。1979年創刊の学研の「ムー」という雑誌が有名で、現在も大人気である。「2012年12月22日はマヤ暦で世界最後の日となっている。」という特集をした翌月からの定期購読を募...

報道用語だが、一般の会話でも使われることがある。言ったことなどを公表しない、もしくは非公式なものとすることを指す俗語。英語由来:off the record(記録にとどめない)話す側が一方的に「ここから先はオフレコで」などと言ってから話すので、後になって公表され問題になることが多い。話を聞く側は、「絶対にその話を公表しません。」と約束しているわけではない場合が多く、本当に公表しないかどうかは正しく...

創作物や作者などにささげる敬意、賛辞。敬意を表すために作られた作品。場合によっては良い意味にとられないこともあるので使う時は注意が必要。言い訳のように使っている人が多々見受けられる。『誰かの真似をした』という意味での「インスパイア」という言葉をあまりにも聞きすぎて、『自分は真似したと思われたくない』という気持ちが強いことから、『インスパイアされたのではありません。これは○○に対するオマージュです。...

独自の。もともとの。何かに加工されたものの元となるもの。独創的。独創性をオリジナリティと表現することもある。コピーされる元となったもの。曲や絵、小説などの作品のアレンジされる前のもの。元になったもの。複数の要素を掛け合わせることでオリジナリティが高まる場合もある。過去に存在していたものでも、現在で知られていなければオリジナルのものであると判断される場合もある。「俺は絶対無二のオリジナルの存在だ」と...

インターネットを使って英会話すること。文章、音声や画像のほか、ウェブカメラを使用すると映像も配信できるため、講師とマンツーマンで英語を学ぶ人も多い。「近所に英会話スクールが無い」という問題を解決できる画期的な学習法。インターネットで各サイトの評判なども調べることができるため、「良い講師がいない」という問題も解決しやすい。英会話スクールに通う日本人女性が英米人男性講師と付き合い、色々な問題に発展する...

トップへ戻る